レーザー脱毛の仕組みを知る

脱毛を行う前に毛を剃っていく

レーザー脱毛を行う際には、毛を剃った状態にしてから照射していきます。自宅などで自分で剃っていくことも良いですが、傷がついてしまうと傷の部分には照射ができなくなってしまいます。ですから、クリニックで剃ってもらった方が良いでしょう。

剃って毛がない状態にして照射

照射をしやすいように印付けをしてもらい照射になります。顔の照射の際には、目の保護のためアイマスクを着用します。レーザーが入らないように、アイマスクをかけていても目を閉じておきましょう。

レーザーの照射が終われば薬を塗ります

レーザー脱毛の施術をした後は、肌に少なからず刺激を与えているために炎症が起きる場合があります。そのため、クリニックが化粧水や保湿剤など炎症を抑える薬を塗ってくれるでしょう。そうすることで、炎症を抑えることができます。

薬を塗ってもらい患部を冷やします

薬を塗って炎症を抑えたら、保冷剤で10分程度冷やします。照射後は、赤くなったりジリジリしたりするので、冷やしてこれらの症状を抑えるのです。しかし、冷やしても症状が続くのであれば早めに医師に相談しましょう。

脱毛後は痛みなどがないかカウンセリング

脱毛後にはカウンセリングがあります。カウンセリングの際には、痛みなどがあれば医師に相談しておきましょう。何も問題がなければ、脱毛は終了です。次回の予約をして帰宅することになります。